海外「子どもが過ごす大切な時間」唐津の日常が教えてくれる重要なこと



小さな学校には、少ない生徒のため3つの学級しかない。しかしここでは誰もが快活で子供たちは一緒にうまくやっている。学校の給食では、地元の牛乳を使う。午後は農業体験をする。

放課後、友達が家に来る。缶蹴りや、ドッジボールをし遊ぶ。料理は暖炉に薪をくべ燃やす。日本の懐かしい風景がここにはある。

いつもと変わらぬ日常とは、普通の生活、家族の時間、人との交流で、時に重要なことを私たちに教えてくれている。

ここにいる人々は、どこを切りとっても幸せそうに感じる。しかし、海の向こうにおいては時折、災害やテロが幸せを奪っていく。そして、全てがこの大切な日常を選んでくれたなら、ここのすべてが世界がこの日常となることも近いだろう。

そんな「唐津の日常」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=5wJQXDiCr-E


世界の反応

  • 演技抜き、基本カメラ無視なのがいいね。
  • 僕も外で遊んだ世代です。メンコ、こま、ビー玉、凧揚げ、昆虫採集 などなど この中でビー玉だけは女の子に適わなかった。
  • これは見て本当によかったです!
  • 素晴らしいビデオ!私たちはテクノロジー(携帯電話、インターネットなど)に没頭しすぎて、本当に重要なことを忘れてしまったみたいだ。
  • とても良いプロジェクトです。
  • 家族と健康、人生の中で2つだけ重要なこと。
  • 素晴らしい映像に拍手! 子供たちの幸せな毎日、それを守っていかなければいけない。
  • 数日前に日本に行きました。温泉は最高で、人々も本当に素晴らしかった。
  • あなたがやっている美しいプロジェクト、人々は本当に平凡な日々を大切にするべきです。
  • 日本の村はとても静かだね。
  • 本当におもしろい!本当に良い仕事です。
  • これはすごい!
  • 大都市でなくても日本では良い教育がされているんだね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    唐津のどこらへんなんだろうか?
    唐津市中心部は今ではそこまで田舎ではないから子供がこんなに少ないわけもないし、さらに田舎の所なんだろうか?
    母方の実家が西唐津駅近辺にあるしおばさんも唐津駅近辺に住んでいるけど年に1回行くか行かないかだから詳しくはわからないけれどゲーム販売店は見たことがないから売ってるのか詳しくはわからないな。ゲーム機とかを買うにしても1時間かけて昭和バスで天神や博多まで来ないと買えないなら確かにこんな遊びが中心になるのもわかる。