海外「伝統技術が素晴らしい!」美濃和紙の手仕事が想像以上にすごかった



美濃和紙(みのわし)は、岐阜県美濃市で作られている和紙で、奈良時代から和紙が作られてきました。

流し漉き(ながしすき)と呼ばれる製法で、漉きむらのない縦・横に繊維の絡んだ紙は、薄い布のように丈夫で美しいとされています。

障子紙や保存文書の用紙など、日用品から伝統工芸品まで、その使用方法は多岐にわたり、国の伝統的工芸品に指定されています。

そんな「美濃和紙」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZCLcFnTc3z4


世界の反応

  • あなたのチャンネルは素晴らしいです。
  • 素晴らしい動画!
  • テクニックが近代化されていないのがいいね。
  • こんなに丁寧に気持ちが込められているんですね。
  • 本当に素敵です。
  • 透明な水を見てよ!
  • 素晴らしい職人技!
  • 和紙の動画を見て和紙がほしくなりました。
  • すごい腕前です。
  • 和紙は世界で最も美しい紙です。
  • 東アジア人の知恵はいつも私を驚かせます!
  • 印象的です!
  • 素晴らしい職人を紹介する素晴らしいチャンネル。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする