海外「普段の着物にぴったっり!」久留米絣の手織りの素朴な風合を高く評価



久留米絣(くるめがすり)は、福岡県久留米市とその周辺で生産されている織物です。綿素材の織物は、通気性が良く夏は涼しく、冬は暖かく感じることができます。

19世紀初めに、一切れの木綿の古い布のかすれた糸をヒントに12歳の少女によって始り、デザインや技術の進歩により、大柄小柄絣、絵絣など30を超えるの技法を生み出しました。特徴は柄のかすれやにじみ、色は紺地に白または青抜きの絣柄で、親しみやすいです。

また絵糸書、括り(くくり)、染め(藍染)、織りなど30以上の工程を経て織られる久留米絣は、木綿ながらしわになりにくく、しわが取れやすい高性能な木綿のきものといわれています。

そんな「久留米絣」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aK01S0ycKA4


世界の反応

  • 本当に素晴らしいビデオ。

  • ハードでストレスが多い仕事の後にこのビデオを見始めたけど、とてもリラックスできて素晴らしい職人技を理解できたよ。

  • 見ることができてとてもうれしいよ。

  • 伝統的な布づくりのプロセスが本当に素晴らしいよ。

  • いくつか買ってみたいよ。

  • なんてすばらしい生き方なんだ。

  • 完成した作品を見たときに泣いてしまったよ。

  • 日本の職人技を共有してくれてありがとう。

  • 感動したよ。

  • とても良い作業工程だね。

  • とてもリラックスできたよ。

  • ゴージャスだね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    久留米絣の着物は高価でも着物のドレスコード上はフォーマルな場に着ていけないからね
    普段着とはいえセレブの普段着