海外「織物のデザインが秀逸!」西陣織の着物や細やかな伝統技法に美しいの声



西陣織とは、京都(西陣)で多種多様に生産される、紋織物をまとめた呼び名のことで、色とりどりの経糸(たて糸)と緯糸(よこ糸)を使って、美しい柄を織り上げます。

西陣織は5~6世紀に伝えられ、平安時代に発展しました。現在の産地は応仁の乱時、本陣を置いたとされる地で、行政区域ではなく、織物の携わる者の多い地区のことをいいます。

たくさんの種類の織物を、模様が立体的に見える技法を用いて、職人が手機(てばた)、力織機(りきしょっき)、綴機(つづればた)などで織り上げます。

そして伝統的な製法を守りながらも、新しい技術を取り入れ、進化し続けています。

そんな「西陣織」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=B3JdxI9e0yg


世界の反応

  • とても素晴らしい。
  • これは世界に誇れる世界最高峰の技術だね。
  • どんな絵が使われるんだろ?
  • 独創的で昔から伝わってきたものを描いているよ。
  • 本物の傑作!
  • 当然のことながら高価だね。
  • 完璧で細心の注意を払った芸術作品を見ることが出来たよ。
  • ただただ美しい。
  • 何百年も前からやってきたのかな?
  • 西陣織は540年前につけられた名前だよ。
  • 日本の女性は完璧だね!
  • とてもきれいなビデオだね。
  • 日本古来の伝統技能、本当に素晴らしい・・。
  • これらの素晴らしい製品を入手する方法はありますか?
  • 彼らの職場ではとても静かだね。
  • 絶妙です。圧倒的に美しい。
  • 単に美しい。
  • かけがえのない知識!忍耐、徹底、美しさ……。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする