海外「武士の刀を収める歴史あるタンス」仙台箪笥の飾り金具と漆塗りが逸品



仙台箪笥(せんだいたんす)は、宮城県仙台市周辺で作られている箪笥で、歴史は古く、江戸時代末期にまでさかのぼります。

武士が刀を入れることを目的として作られた箪笥は、刀の鞘や裃(かみしも)を納めることができる4尺箪笥が原型で、牡丹や唐獅子などの豪華な飾り鉄による金具の装飾と、重厚感あふれる美しい漆塗りで出来ており、指物、漆塗り、金具の3つの熟練した職人技によって生み出されています。

そんな「仙台箪笥」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=QkwukMlSkG0


世界の反応

  • 私が遭遇した中で最も過小評価されたチャンネルだよ。

  • 内容は最高品質のものであり、純粋に知識を広めるために作られているしね。

  • このチャンネルのビデオを見ることで、日本の職人たちを賞賛することができたよ。

  • 音楽が素晴らしいね。

  • 日本人の心意気が素晴らしいね。

  • 素晴らしいスキルだね。

  • 気密性の高さに驚かされたよ。

  • とても美しい!

  • イケアとかで売っているのかな?

  • このビデオは素晴らしい、本物の味を残しているね。

  • これは傑作だね。

  • 単に美しくて素晴らしいね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    漆の最後のとこ凄いなんか震えたわ