海外「農家と競りの日本文化」オークションで$5,000のマンゴーの秘密



宮崎県のマンゴーは、太陽のタマゴという(糖度35度以上、350グラム以上)のブランドがあります。卸市場で選別や競り(せり)が行われ、初競りには50万の値段をつけることもあります。競り落とした人の注目度以外にも、農家を元気づけるには理由があります。

その秘密は、マンゴー農家ではビニールハウスで栽培し、徹底された温度管理の中で育てること。1月にマンゴーの栽培がはじまり、マンゴーはたくさんの実をつけますが、受粉しているか、形がよいかを判断し、ほとんどを切ってしまいます。それは甘くておいしいマンゴーを作るためです。

4月にマンゴーは収穫を迎え、ネットに入れられ大切に守られます。釣り上げたことにより、陽の光をたくさん浴びたマンゴーは、赤い色になり、中の果実も濃いオレンジ色をして、とてもジューシーです。箱を開けると、芳醇な香りが部屋いっぱいに広がります。

そんな「オークションで$ 5,000のマンゴー」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ZacRtEM0F0Q&t=41s


世界の反応

  • 彼らは惑星を作っているようだね。

  • 1000ドルのマンゴーの試食を無料で提供しているのに驚いたよ。

  • ジョンこれは素晴らしかったよ。

  • マンゴーのオークション?

  • マンゴーの果肉の色が驚くほど魅力的だね。

  • 日本の農家を尊敬するよ。

  • カニや肉、メロンまで日本のものはすべて高価だね。

  • 使い捨てのプラスチックの皿の上で育てるなんてすごいね。

  • 2個のマンゴー=ロレックスの腕時計。なんかリーズナブルに感じるね。

  • 日本では果物の量より品質重視なんだよね。

  • 見た目が一番良いとは限らない。

  • 特別なマンゴーだね。

  • こんなに大きな実を生み出すマンゴーの木を見たことがないよ。

  • 日本では美しいものを作るために時間と労力を注ぐんだね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする