海外「手の速さがまさに職人!」伊賀くみひもは進化を続ける美しい作品



伊賀くみひもは三重県の伝統的工芸品で、丸台や角台と呼ばれる台などを使って何色もの生糸や絹糸、金銀糸などを伝統的な組台で組んで作ります。

また組みひもの歴史は奈良時代までさかのぼり、仏教伝来とともに伝わって、経典、仏具、袈裟や、楽器などにも使われました。明治時代は帯締めとして使われることが多くなり、現在は主に和装小物として使用されています。

そんな「伊賀くみひも」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=uXF_-eXRnUo&t=6s


世界の反応

  • このような工芸を伝統的なやり方で続けていくことに情熱を持っている人々を見るのは素晴らしいことだね。
  • 和風ブレスレットを作りたいと思ってこのビデオを見てみたよ。
  • いろいろな形やパターンがあるんだね。
  • やっぱ、こういう日本の伝統的なものって凄いと思う。
  • 手がとても速くて本当にいい仕事をするよね。
  • 気の遠くなるような作業だけどかっこいい。
  • ボビンがお互いにぶつかる音がいいね!
  • 動きがリズミカルですごく気持ちがいいね。
  • 手の速さが魅惑的だね。
  • 到底ど素人が作れるような代物じゃあないね。
  • なんて美しさなんだろう。
  • とてもいいコレクションだ。
  • 繊細な作品に対するご主人の忍耐力が羨ましいです。
  • かっこいいね。
  • やっぱり君の名は。を思い出すね。
  • 凄いなぁ……カッコいい、職人さんってかっこいい。
  • 織物とレースが融合したみたいだ。
  • 学ぶのはとても複雑だけど、見ていてリラックスもできるね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    きれいやなぁ 今度行って買いたいな