海外「寿司が小さくても味は本物!」マイクロ寿司の人をもてなす心に感動



今や寿司は日本で最も人気のある食べ物かもしれません。そんな東京都大田区東雪谷にある高砂寿司にはマイクロ寿司というのが存在します。
マイクロ寿司のネタはとても小さく、1ミリ未満の厚さ。シャリを刻み、バランスを整える。大きいネタと比較しても、とてもよく再現されています。
マイクロ寿司を作るきっかけは30年前、魚が苦手な子どもに少しでも魚を好きになってもらえるように作りました。しかし子どもに思いは届かず、大人にすごく喜ばれたそう。以来、お店が静かな時にたまたま初めてお見えになったお客様に作らせていただくのだとか。

いいネタは小さくても、いい味がするのそうです。他にも独創的な寿司でお客様をもてなします。すべてはお客様のために。

そんな「マイクロ寿司」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=m1jY2VLCRmY


世界の反応

  • 寿司がとてもおいしそうだね。
  • くしゃみをしたら、マイクロ寿司がどこまで飛ぶだろうか。
  • スーパーマーケットで配るべき真のサンプル作品。
  • 10倍小さく、10倍の価格大爆笑!
  • マイクロ寿司を食べるには、箸のスキルが相当いりそうだね。
  • 形とバランスが完璧だね。
  • 時計職人が寿司屋をオープン!
  • ミニ寿司の背後にあるオリジナルのアイデアが大好き!
  • このマイクロ寿司は美しい芸術作品だと思うよ。
  • マイクロサイズを作るには優秀なスキルが必要だね。
  • OMG …マイクロ寿司は本当に小さいね。
  • とてもかわいい。食事を見つけるには顕微鏡が必要だけど。
  • これはギネス世界記録になるんじゃないかな?
  • ダイエットにぴったりのお寿司だね。
  • なんで日本人は奇妙で創造的なことを考えられるんだろうか。
  • シェフのアイデアが素晴らしいね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする