海外「高知城下の日曜市」日本のストリートフードマーケットに行ってみた



高知県高知市の日曜市は、300年以上の歴史を持ち400店以上が軒を並べています。新鮮な野菜、果物、お惣菜、スイーツ、乾物、金物、植木など、観光客など約17000人が訪れる生活市です。

動画では、大平商店の芋天、トマト、田舎寿司、ご当地ぼうしパン、芋餅が紹介されています。

そんな「日本のストリートフードマーケット」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=m1jY2VLCRmY


世界の反応

  • 日本のビーガン料理とベジタリアン料理は、私が住んでいるところの物よりよく見えるね。

  • このビデオが大好き!

  • カメラワークがすごいね。

  • 動画を見て日本のビーガンフードを学ぶことが出来たよ。

  • サツマイモの天ぷらがうまそうだね。

  • とても面白かったよ!

  • お腹がすいたよ。

  • 日本の伝統的なお菓子の多くは、仏教や食文化の影響で動物を使ってないんだよ。

  • いなりが入ってないね。

  • いなか寿司は米、穀物酢、ゆず酢、砂糖でできています。 しかし、食材の調味料には、魚からの食材を使用しています。 完全なビーガンフードではありません。

  • 屋外市場が大好きだよ。

  • 高知県が大好きだよ。

  • あの帽子パンはおいしそうだね。

  • さつまいも天ぷら日本ではメジャーなんだよね。

  • すべてが素晴らしく見えるね。稲寿司を試してみたいよ。

  • 日本では歩きながら食べることはマナーが悪いのかな?

  • マナーが悪いと思うけど、若者世代では一般的なことになってきている。

  • とてもクール!

  • すべてがうまそうに見えるね。

  • 屋台の食べ物は常に最高だね!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする