海外「繊細な芸術作品!」高山茶筌の手仕事に驚きの声



高山茶筌(たかやまちゃせん)は、奈良県生駒市高山町で全ての工程が手作業で行われており、茶筌の国内シェアはトップクラスを誇っています。室町時代の中頃に誕生して以降、現在では60種類以上もの茶筌が作られています。

茶筅は用途・流派によって使う茶筌の先の穂立ちや竹の種類、糸の色などが異なり、比較することで違いを見ることが出来ます。

そんな「高山茶筌」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NI8oYMPC5Vo


世界の反応

  • 日本人は昔から細かい仕事が得意で努力が好きだから、こういったものが生まれるんだね。
  • 日本の職人技はいつもとても繊細だ。
  • 彼らの文化にはいつも驚かされる。
  • 間違いなく、日本人はエイリアン。
  • 女性の手は素晴らしいです。彼女が持っているスピード、繊細さ、複雑さ、そして集中力は信じられないほどです。
  • すごくおもしろい!
  • 日本人は昔から細かい仕事が得意だね。
  • お茶を泡立てるのにとても細心の注意を払う素晴らしい文化だね。
  • うわー、景色がきれいすぎる。
  • なんて美しいのでしょう。
  • 素晴らしい仕事と素晴らしいビデオ編集。
  • とても上品な作り方ですね!
  • 細心の注意を払い、集中力を注ぎ、本当に芸術作品と愛情のある作品です。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする