海外「漆の艶と模様が美しい!」津軽塗は青森の丈夫で長持ちな道具



江戸時代中期から青森県弘前市周辺で作られた津軽塗の歴史は古く、300年の歴史があると言われています。

津軽塗で用いられる、研ぎ出し変わり塗りという技法は、幾重にも塗り重ねた漆を平らでなめらかに研ぎ出して模様を表す方法で、唐塗を主に、ななこ、紋紗(もんしゃ)、錦塗などの4種類の技法があります。

そんな技法で作られた複雑で美しい漆模様は、丈夫で実用性が高い漆器です。

そんな「津軽塗」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=j67w-uALyLY


世界の反応

  • とても美しい職人技。
  • あなたのビデオを全部楽しんでいます。
  • 日本の匠が継承されますように!
  • とてもきれいなビデオだね。
  • 巧妙な技量だね。
  • これらの素晴らしい製品を入手する方法はありますか?
  • 本当の芸術作品だね。
  • 素晴らしい!!
  • 日本の人々は、間違いなく世界の他の地域よりも進んでいる。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする