海外「木組みの精度が完璧すぎる!」日本の宮大工の仕事は伝統を支える技術



宮大工は神社、仏閣など日本に見られる伝統的な木造建築、修繕を手がける職人で、神社、仏閣を木組みと呼ばれる伝統技術で造ります。

木組みは、木材に仕口(しくち)、継ぎ手の加工を施し、釘や金物を使わずに木材組んでいく技術で、屋根、柱、梁など、高度な技術が必要です。また建物は200~300年以上持つように造られます。

最近では木組みで家を建てたいと考える人も増え、建築から文化財まであらゆる知識が求められる宮大工の仕事は、日本の伝統技術を継承し、後世に伝えていく重要な役割も担っています。

この動画では寺院の修繕など宮大工を40年間やっている松本さんの仕事の様子が紹介されています。

そんな「日本の宮大工の仕事」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=j67w-uALyLY


世界の反応

  • 日本はなんでもやりすぎレベルでやるよね。
  • この男は、アメリカ合衆国では働かない哲学を教えているね。
  • 部材同士がしっかりと組み合わさったときが最高にいいね。
  • 日本の仕事=「完璧」
  • これが私が日本の芸術が好きな理由だよ。
  • 部材同士がくっついたときに凄く満足感がある。
  • 素晴らしい職人技、尊敬するよ。
  • 本当にすごい!
  • 材同士をつなぐときに指を挟みたくないな。
  • 木造建築の構造は地震の際に効果を発揮するよね。
  • これだと建て直すのにすごく時間が掛かりそうだね。
  • 精度100%
  • 日本の建築は大好き。
  • 日本では、すべてがほぼ完璧な精度で行われているんだね。
  • この技術はもともと中国からのものだよね。
  • これは「神レベル」の木工だね。
  • ハンマーを使わずに木材を滑り込ませるには並外れた精度が必要になるはずだよ。
  • 日本は世界で最も美しい国のひとつだね。
  • 電動工具を使用せずに加工していることに驚いたよ。
  • 日本人が自分の仕事に誇りを持っているのがいいよね。
  • 釘は地震に対して無意味なんだよね。
  • すべての文化が等しく発展したわけではないことは明らかだね。脱帽もんだよ。
  • いつものように並外れた作品。
  • 状態を保って文化を残してくれてありがとう。
  • 日本で大工になりたくなったよ。
  • レベル1:メガブロック。レベル2 :レゴ。レベル3:木のかけらを特定の形に切り分けてつなぐ。
  • 日本人は史上最高のレゴビルダーだね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする