海外「漆と透明な青貝の美しさ!」高岡漆器の洗練された技法がすごい



高岡漆器は、富山県高岡市で生産される漆器で、江戸時代初期に高岡城が築城され際、家具や日常生活品などを作ったのが始まりです。

青貝塗という薄く削った青貝と呼ばれる材料を使い、三角形や菱形の細片を組み合わせて山水や花鳥などを表現する技法により、下地の漆が透けて映り、貝が青く光って見えます。

そんな「高岡漆器」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=j67w-uALyLY


世界の反応

  • 制作過程を見るのが大好き!
  • 熟練した仕事を見ているだけでリラックスできるね。
  • 素晴らしいし、面白いね。
  • 見事!職人技は本当に素晴らしいです。
  • 美しい作品だね。
  • とても美しいです!
  • 鹿の角の粉末の代わりになるものはありますか?
  • このアーティストの作品はすごいね。
  • とても良い仕事だね。
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする