海外「大衆文化の華やかさを受け継ぐ」江戸木版画の技術と浮世絵を称賛



江戸木版画とは、日本独自の多色摺り木版画の技術で、絵師、彫師、摺師(すりし)の三者の分業により、高度な技術を生み出しました。

また大胆な構図や繊細な色彩が世界の芸術家に多大な影響を与え、ゴッホやモネなどの西洋の画家が好んで模写したことでも知られています。

江戸時代に庶民が情報を手にする手段として、浮世絵木版画が著しく発展し、今日に至るまで職人によって技術、技法が継承され続けています。

そんな「江戸木版画」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=j67w-uALyLY


世界の反応

  • 年配の職人たちの才能を称賛するよ。
  • 次世代の職人が技術形態と技能を保存して未来に受け継いでいることはとても素晴らしいね。
  • とても興味深いね!
  • 版画を手に入れたいよ。
  • 素晴らしいです!
  • ただ美しい。
  • 本当に息をのむようだ。
  • 版画を注文して他の国で受け取ることはできるのかなぁ。
  • とても美しいです!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする