海外「デザインが繊細で美しい」駿河竹千筋細工


駿河竹千筋細工は、江戸時代初期に主として武士の内職として始まりました。苦竹、孟宗竹という竹を主に用い、細く丸く削られた竹ひごをしなやかに曲げ、輪に組み込んでいく技法から、色々な形が生み出されました。「ひご作り」「輪作り」「編み」「組み立て」の4つの工程に大きく分けられ、ほぼ全工程を一人で行います。

そんな「駿河竹千筋細工」の様子見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4OU6jINj6BY


世界の反応

  • 若い世代が芸術を活気づけるのを見るのはうれしい。
  • 素晴らしいですが、このビデオの長いバージョンも作ってください。
  • これはすごいです!!
  • 完成作品もメーカーもきれい!
  • 美しい作品です。
  • 駿河竹千筋の仕事は、江戸時代初期に主に侍の内部職として始まりました。竹、孟宗竹などの竹を主に使い、細く丸みを帯びた竹の棒を曲げて円に組み込むことで、その技法から様々な形が生まれました。「ひこうづくり」「リング作り」「編み物」「組み立て」の4段階に大別され、ほぼ全ての工程が一人の人間によって行われます。
  • 日本の忍耐は素晴らしいです。
  • これは素晴らしい工芸品です!
  • ファンタスティック!!
  • とても素晴らしい!
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする