海外「福岡で食べたい!新鮮なイカ料理」活き造り文化に衝撃

スポンサーリンク

いけづくり(生け作り、活け造り)は、多くのお店では、いけすの中に生きた魚をそのまま運んできて、お客から注文があってから調理をします。そのため、刺身のかなでも特に、歯ごたえがあり、身のひきしまった刺身を食べることができます。

福岡にある河太郎(かわたろう)は、イカの活きづくり発祥の店として知られています。イカは特にデリケートで、衝撃や人間の体温で「変色」してします。その技術のおいしさは今も変わりません。

また活きづくり料理は、海外ではタブー視されているところもあります。特にドイツ・オーストラリアでは法律で禁じられているので、すすめるには慎重に行なわなくてはなりまん。ですが、日本のお刺身はおいしいです。ぜひ食べてみてほしいものです。

そんな「活き造り文化」に世界からは驚きのコメントが多数よせられていました。

rapture_20161009211343

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=btsJSQGuIgY


世界の反応

  • どれもとても新鮮だね!

  • 活造りで食べておいしいのはイカかな。

  • えびの頭かじった~。

  • エビの頭は噛じるのではなく吸い込むようにしてミソを味わうんだよ。

  • 活け造りとか一回も食ったことがない…。

  • 新鮮な映像だ!!

  • 活き造りでこの反応じゃ、白魚の踊り食いなんて卒倒ものだろうね。

  • エビの頭って食べなくね?

  • 美味しそうな表情だけで十分満足したよ。

  • 活け造りは食のエンターテインメント!

  • いいなぁー美味しそう。

  • 日本の文化を紹介してありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース