海外「子どもの頃の不思議!」踊るカツオ節のひらひらに注目

スポンサーリンク

鰹(かつお、魚へんに堅いの文字)は、日本を春から秋にかけて回遊する魚として知られ、春の「初鰹(はつがつお)」、秋の「戻り鰹」などの名でも呼ばれています。カツオは、刺身やたたきで食べられるほか、カツオ節の原料として使われます。

カツオ節は、古くは削り節器で削られ使用してきましたが、今ではパックに小分けされたものが多く出回っています。「カツオ節」「花ガツオ」「削り節」などの名前で売られ、だしをとる以外にも、和食・洋食料理の調味料として使用されています。

カツオ節の使用用途は多岐に渡りますが、「お好み焼き」「タコ焼き」「やきそば」「焼きうどん」など、踊るカツオ節を目撃することができます。花ガツオは特に断面が広いので、アツアツにのせるとダイナミックな踊りを見ることができます。

そんな「踊るカツオ節」に海外からも動きに注目したコメントなどが寄せられていました。

rapture_20161002020210

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=NmB2B6F7lXQ


世界の反応

  • ひらひらと動いているけど、生きものじゃないよ。

  • 鰹節を食べてみたい。

  • 風を当てると、きっと飛んでいくw

  • たこ焼きがめっちゃうまそうだな。

  • かつ節って和食全般に合うよね。

  • 一体何なんだ?

  • すごく動いているよね。

  • 魚を薄く削った物だから蒸気でくねくねしている様に見える。

  • 鰹節はとても美味しいよね!

  • どんな味なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース