海外「もっと住みやすく!」物理的障害者への社会サポート

スポンサーリンク

障害者にとって、自分で行動し自立して行動することの難しさは、技術革新がある今でも、なかなか思うように進んでいないというのが現状だ。

車いすは、電動車いすが出来たことにより、一人での行動が容易にできることになったとはいえ、課題は多い。まずはバリアフリーであること。しかし日本では、バスや電車など交通機関で、そのような場合にも対応できるようになっている。

また優先トイレの設置がコンビニにも広がっているのもまだ記憶に新しい。浅草寺などの施設にも一人で行けるところが、増えている。学校に車いすで通うこともできる。みんなが気持ちよく使えるように、よく考えられていると思う。

そんな「物理障害者への社会サポート」の様子を見てみましょう。

rapture_20160807101132

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=xycecbwpIzE


世界の反応

  • 素晴らしい仕事。

  • 社会の配慮が素晴らしいね。

  • 交通機関もよく考えられて作られているね。

  • これはとても興味深いビデオだね。

  • とても感激したよ!

  • このドキュメンタリーは素晴らしいね。

  • ファンタスティックビデオ!

  • すごく面白かったよ。

  • 障害者に対する配慮が素晴らしいね。

  • 日本にいって思ったけど点字ブロックや多機能トイレはほんといろんな場所に設置されているよね。

  • 動画が素晴らしいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース