海外「江戸型包丁が格好良い!」うなぎのさばき方に感動

スポンサーリンク

割烹(かっぽう)「桃山」は、おとうふ、しゃぶしゃぶを提供するお店で、東京新宿区 下落合駅の程近くにあります。創業は昭和46年で、竹と光がやさしく迎えてくれます。

素材や産地にこだわりを持って、四季折々の料理を提供されている「桃山」ですから、料理の技術も確かなものです。動画では、「うなぎのさばき方」を見ることができます。

また、ウナギをさばく包丁は「江戸型」と言われるもので、三角に尖った先端と短い柄が特徴で、柄は握ると手の中にすっぽり収まる大きさです。大きなもので、刃渡り20センチ以上あるそうです。

そんな「うなぎのさばき方」を見てみましょう。

rapture_20160710011814

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=R55daiwyma4


世界の反応

  • 素晴らしい!

  • この音楽は何ですか?

  • うなぎは痛くないのかね。

  • 最初の一撃で全ての感覚が失われてることを願う。

  • ナイフはどんなものを使っているのかなぁ?

  • これはナイフというより包丁だね。

  • この包丁ってとても高いんだよね。

  • 素晴らしい!

  • 早くて綺麗な仕事です。

  • 尊敬します。

  • 凄すぎる。プロは違う。

  • やばい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース