海外「面影ある風景が懐かしい」昭和61年の秋葉原に感動

スポンサーリンク

昭和61年(1986)は、今から約30年ほど前、ファミコンのファイナルファンタジーが発売。アニメでは、ドラゴンボール、めぞん一刻、聖闘士星矢などが放送された年だ。携帯のない時代であり、主な通信手段は電話だった時代。

今では当たり前のように使っているケイタイ電話がないと、ファイナルファンタジーはここから生まれ、人気アニメの放送もここから始まったと考えると少し感慨深くなるだろう。

今や看板はLEDなので変わっていますが、街並みはどこか面影があり、懐かしいと感じられました。

そんな「昭和61年の秋葉原」の様子を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=D6zmIe0tJxE


世界の反応

  • 殆どの人がズボンの中にシャツ入れとる!

  • 何気ない日常の動画こそ貴重だね。

  • こういう映像ってすごく興味深い。

  • この頃の方がよかったな~。

  • まだAKBがなかった頃の本来の秋葉原はこんな感じか。

  • マジで貴重な映像だなぁ〜。

  • 今となっては「ご主人様いらしゃいませ」という時代。

  • 電車の色が懐かしい~!

  • 雑然としてていいな。

  • これだけ変化していると、30年後の2044年はどうなっているか誰も想像がつかない…。

  • 今や秋葉原をオタク街としてしか認識していない人も多いからね。

  • 今もこの映像の建物は意外と残ってるな…。

  • 凄い…これが昭和の秋葉原か。

  • AKBもヨドバシもまだない、懐かしいアキバの映像。

  • 東京も昔は活気があったな…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース