海外「日本人の包丁さばきが凄い!」焼きタラバガニのうまい食べ方!

スポンサーリンク

「タラバガニ」は、日本料理店などで出され、固い甲羅を和包丁でさばき、カニ身を食べやすいように事前に調理されていることがあります。
カニ割りや、カニばさみでカニを食べることもありますが、なかなか素人では上手くいかないものですよね。

カニは、日本ではいろんな食べ方をしますが、カニすきや、生と違い、「焼きガニ」はうまみを閉じ込めるために、最初に下茹でをします。
そうすることによって、カニのジューシーなエキスを閉じ込め、食べたときに甘味を感じることが出来ます。

またキュウリを飾り切りにするなど、美しい盛り付けも目をひきます。

そんな「焼きタラバガニ」の食べ方を見てみましょう。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_9WArIW4ihE


世界の反応

  • シーフードに関しては日本の調理法のほうが優れてる。

  • こんなに満足感のあるものは見たことがない。

  • 日本食の盛り付けは最高だね。

  • 美しすぎる。

  • 直火に美味しいカニはシンプルですごく美味しい!

  • 日本人シェフは技術があるのがいいね。

  • フライドチキンを食べながら見てたけどカニの味がしてきた。

  • すでにカニに火が通ってるように見える。

  • この包丁の切れ味は冗談でしょ!?

  • カニはどうでもいい。包丁が欲しい。

タラバガニの殻を包丁さばく音がテンポよく、心地よかった。またカニを焼くとときの音がおいしいです。盛り付けも美しくて、見ているだけで幸せな気分になれました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース