海外「日本はひと違う!」果物の世界は誤解だらけ?

スポンサーリンク

果物(くだもの)は、木および草の実で多汁で甘味があり、食用になるもので、果実・水菓子・フルーツともいいます。

そんな日本の果物を世界の方はどう思っているのでしょうか。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BKz-wfIjJus


世界の反応

  • 日本にもドラゴンフルーツってあるの?

  • こういうフルーツ大好き。ありがとう!大好きだ。

  • ドイツにも同じ種類のフルーツがあるよ。

  • 私はカナダに住んでるけど、うちの街のフルーツはこんな感じじゃないよ。

  • ヨーロッパにも梨はあるけどほとんど水みたいな味なんだよね。

  • ブルガリアでは梅と似たものがあるよ。

  • とても興味深いビデオだね。

  • うちの国にもとても美味しい杏のお酒もあるよ。

  • おぉ、これは興味深いね。

  • アケビを食べてみたいな。とてもおいしそう。

  • 日本では遺伝子組み換えフルーツはどのくらい広まってるのか気になるな。

  • リンゴ一つ1.20ドルで高価じゃないの?

  • フルーツはどこの国でも高いよ。でもどっちにしろフルーツは大好きだ。

  • ドリアンはどうなの?うん、多くの日本人は好きじゃないだろうけど。

  • おぉ、これは興味深いね!!
    やぁ、とても役立つ情報たっぷりのビデオが大好きだよ。

興味深い、面白い内容でした。
日本語を英語に訳すと単調になりますが、
本来はとても果物も種類の多いものですよね。

特産ごとに名前があるって、日本の特徴なんでしょうか。
ぶどうをグレープひとつで表現できるのですからね。

日本の果物は特に甘いのですし、
とても贈り物でなくともきれいなもの並んでいる、
それらが高い理由な気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気ブログランキングへ
世界の反応 新着ニュース